2009年11月30日

お施主様に愛される施工事例

幸せを育む自然素材「くつろ木のコスモの家」なら私たちへご相談ください。

【外観はシンプルだけれど、家族みんなが元気でいきいき過ごせる住まいに】



国産材!

国産材!

国産材!

国産材!

【家族の暮らしを優しく包み込み、落ち着きのある癒される空間 】

国産材!

国産材!

国産材!

国産材!

国産材!

国産材!

土地探しのポイント

totisakasi.jpg
いい家を建てる工務店はみつかった。じゃあ次に必要になるのは?
もちろん、土地(地面)です。良い土地をみつけるというのは、いい家を建てるのと同じくらい難しく、ずっと暮らしていくのですから納得出来る土地で、なければならないからです。 
最初は3つの中からあなたが一番大切なのはどれかで土地を選びをしてみては!
1.自分たちが住みたい環境にどれだけ近いのか?
2.自分たちが住みたい家が建つ土地なのか?
3.自分たちの生活スタイルに合った予算を組んだ土地と建物なのか?

土地選びのポイントをいくつかお話しましょう。

・周辺いろんな施設があるか生活の利便性(ショピング施設、公共施設、医療施設など)
・交通の利便性(勤務地、子供達の学校のことを考えて)
・土地の形状や道路の向き(前面道路の幅、陽当たりがいいか、水はけ、隣接地の状況、広さ、価格)
・公園など子供の遊び場は(子供が道路で遊んでいて危険はないか、安全な遊び場は近くにあるか)
・土地の安全性・地盤状況(擁護壁、土留め、埋め立て、地盤固めなど)
・法律的に家を建てられる土地か(建ぺい率、容積率、高さ制限、斜線制限、防火制限、用途地域など)

土地(地面)土地選びは資金計画も非常に重要になってきます。もちろん僕達は家をつくるプロです。お客様からいい土地はないですかと問い合わせ頂くことから、土地選びまでトータル的にサポートさせて頂く場合がほとんどです。なぜならば土地の候補をあげた時点で、どんな家がどれだけの予算でたてられるのかも良くわかっているからです。
土地選びでもお困りであれば、一度、お気軽にご相談ください。

土地の購入について

土地に問題がなければいよいよ契約です。地主から直接購入する場合は、法律家や不動産業者など専門家に立ち会ってもらいましょう。不動産業者を通じて購入する場合は信用のおける業者かどうか念入りにチェックしてください。

住宅ローンミニ知識

riso1.gif
久保田建設の久保田こんにちは! ダイユーホーム事業部の久保田です。

家づくりを検討している方のほとんどが、一生に一度の大きな買い物を購入するとき必ずついてくるのが住宅ローンです。
数千万という大金を借入ますから金利や契約内容が違うだけで、利息の支払いが結果的に変わってきます。それだけに不動産会社や銀行に行って聞いてもいいですが、自分で住宅ローンについて調べ、理解を深めるのも大切です。それぞれの金融機関が取り扱っていて、金利や条件など沢山ありここ数年顧客獲得をめぐり競争が激化しており、金利競争やその他サービス面が充実しています。
例えば地元の銀行・信用金庫やJA、労金、ネット銀行など様々あります。自分が一番得をする最良な住宅ローンの金融機関を選ぶことが大切です。

住宅ローンを組むとき必ず変動金利か固定金利にするか、最終的に選ばなくてはならないのです。
例えば変動金利の場合5年間は返済額が変わらず、5年ごとに金利が上がれば毎月の返済額が増えます。逆に下がれば減る。
固定金利の場合契約した金利期間中当初の金利で同じ

久保田建設の久保田安心な長期固定型ローンフラット35
・最長35年間完全固定金利ということです。
・融資実行日の金利で確定されれば、返済開始から終了まで金利
 や返済額が変わらず。
・フラット35では100%まで借入が可能です。
・繰り上げ返済の手数料が無料です。
・ローン保証料が無料です。
・住宅金融支援機構において独自の技術基準を定めていますので安心
・一定の条件を満たせば(耐震性・耐久性・バリアフリー・省エネ)さらにお得なフラット35Sが利用できます。

家づくりを始めようと思ったとき、人生で一番高い買い物は「家」だとほとんどの方が思っています。しかし、人生で一番高い買い物は「家」ではないのです。答えは「住宅ローン」なのです。例えば3000万の家を3000万で買える人は現金で購入される方だけです。ほとんどの人が住宅ローンを組みます。ローンの組み方によっては、3000万の家が5000万になる人、あるいは6000万になる人、場合よってはそれ以上になってしまう人が存在するからなのです。
3,000万円の住宅を金利3%(全期間固定)35年のローンを組めば、その返済総額は、48,491,100円になります。仮に同じケースで金利がたった1%上昇しただけで、その返済総額は55,789,440円になります。そのなかに総返済額の約4割が利息をしめています。

その返済総額の差は、何と7,298,340円にもなるのです

家作りで重要視すべきポイントは、きちんとした資金計画を立て、家作りで後悔しないために“あなたに合った最良な住宅ローン”を組むことなのです。
住宅ローンのことなどで疑問に思ったらお気軽にご連絡ください。

  1. ホーム
  2. 2009年11月27日«2009年11月30日»2010年06月16日